神田矯正歯科blog

2013年4月25日 木曜日

小さいお子さんの矯正歯科について

小さい時期からのお子さんの矯正を考えておられる親御さんへ、当院では加古川市で矯正歯科を行なっております。
小さなお子様からの治療は当院でも推奨していますので、是非気になる事があればお電話を下さい。

小さいお子さんの矯正は全ての乳歯が出揃った時点で隙間がなかったり、歯の並びが既にがたがたであったりの場合等、見た目で直ぐに分かる場合は矯正治療を始める事をオススメします。

当院では4歳から治療を始めることが出来ます。
幼児のうちに顎の発達を促し歯列が正常になる装置を付けることで、見た目を気にする年頃には治療が終了する場合があります。

顎の発達に関しては食事でも促すことが出来ます。
それにはよく噛んで食べる事が重要になってきますので、親御さんで自分の歯並びが悪い事を気にしておられる方がおられましたら、お子さんに歯並びが遺伝している可能性を考え、小さいうちから、特に2歳ぐらいからよく噛んで食べる事を習慣にして下さい。
お子さんの歯を守る事は、小さいうちは親御さんの役目です。

投稿者 神田矯正歯科