神田矯正歯科blog

2013年5月24日 金曜日

「噛むこと」は、歯にも、成長にも大切です

「噛むこと」は、たいせつです。
神田矯正歯科では、食事の後に、「ガムを噛むこと」をお勧めしております。
このガムは、虫歯の原因にはならない甘味料でつくられた、キシリトールガムです。
ガムを5分以上噛み続けると、口の中で唾液がたくさん出てくるので、口内の再石化を促進します。
再石化とは、歯の表面から目に見えないレベルの物質、イオン、ミネラルが溶かされた状態から、再び健康な歯の状態に修復されることを言います。
虫歯を予防するには歯磨きが大事なのですが、それ以上に歯を再石化することがを重要なのです。

また、「噛むこと」は、脳の働きを刺激し、顎の筋肉も鍛えます。
近年のお子様の顎は、小さくて細いと、治療をしていて日々感じます。
乳幼児期のころから、しっかりと噛む運動をして、顎の成長をしっかりと促進していただきたいと思います。

さらには、普通の食事にも、気を配っていただきたいと思います。
現代の食事は、欧米化し、柔らかいメニューが好まれております。
少し見直すことで、毎日の生活から、「噛む習慣」がついてくると思います。

投稿者 神田矯正歯科