神田矯正歯科blog

2013年5月14日 火曜日

レントゲンでの被爆が心配な方へ

当院は加古川市で矯正歯科を行なっております。

小さいお子さんが矯正歯科を始めるにあたって、親御さんが一番心配に思うことはレントゲンでの被爆ではないかと思います。
しかし、歯科、中でも矯正歯科にとって歯の状態を見るレントゲン撮影は大事なことです。
今日はみなさんが心配に思うレントゲンによる被曝に関して書いていきます。

歯科でのレントゲン撮影時は鉛で覆われた防護服を着ることになっていますので、その点でも体における被曝の心配はないです。
その上、歯科でのレントゲンの被曝量は日々の生活の中での太陽光線による被曝量とほぼ同程度である為問題はないです。
また、レントゲン撮影時間が数秒、長くても数分のですし、毎日レントゲン撮影するなら別ですが、年間に数枚ですので大丈夫です。

また、当院ではレントゲン撮影用の装置を新しくし、この装置は被曝量の少ない物なので、今まで以上に安心してレントゲン撮影を受けることが出来ます。

他にもレントゲンによる被曝について心配な事がありましたら、当院までご連絡ください。

投稿者 神田矯正歯科