神田矯正歯科blog

2013年6月22日 土曜日

加古川市でお子さんに合わせ歯科矯正を行っています

大人の歯になったときにガタガタの歯並びにならないよう、乳歯の段階から準備をするのが床矯正です。
床矯正は、まず上あごに拡大装置を装着します。
上あごが十分に広がったところで、今度は下あごに装置を装着します。

前歯がきれいに生えそろったことが確認できましたら、装置を外します。
続いて、犬歯や奥歯などが永久歯に生え変わるのを観察し、最後に臼歯が生えるのを観察して終了です。

矯正には長い年数がかかりますので、お子さんの頑張りと親御さんのサポートが不可欠です。神田矯正歯科では、お子さんや親御さんの気持ちに寄り添いながら、治療やカウンセリングを続けてまいります。
小さなことでもかまいませんので、お子さんの歯並びについて不安のある方は気軽にお問い合わせください。

投稿者 神田矯正歯科