神田矯正歯科blog

2013年7月31日 水曜日

床矯正で永久歯が生えるスペースを用意しましょう

赤ちゃんは、半年を過ぎると歯が生え始め、6歳くらいで歯が永久歯に生え変わり始めます。
当院では、歯並びが気になるというお子様には早期の小児矯正をおすすめしています。

代表的なものが床矯正です。
永久歯が生える前に拡大装置を装着し、歯列の幅を顎を広げることによって広げ、乳歯より大きい永久歯がきちんと並べるように隙間をつくります。
顎は成長とともに大きくなるものですが、それを装置によって補助し、きれいな歯並びを助けます。

また、このときに、当院では通常のプレートではなく、取り外さないワイヤーの装置を使っているので、歯磨きが難しくなります。
ご両親のサポートが欠かせません。
この他にも、矯正に取り組むお子様のサポートや矯正治療自体へのお悩み、疑問は何でも受け付けておりますので、遠慮せずにお聞かせください。

投稿者 神田矯正歯科 | 記事URL

2013年7月30日 火曜日

確かめないと分からない歯並びもあります

乳歯から永久歯に生え変わる頃になると、特に気になり始めるのが歯並びですよね。
普通は生えてくるまで目に見えないので分かりませんが、一度、歯科でレントゲンを撮ってみるときちんと並んでいるかが視覚的にも確認できます。

先天的なもので過剰歯や欠如歯がある場合もありますし、向きが悪くて歯根に埋まってしまったり、他の歯の生え変わりを妨げてしまうこともあるのです。

また、乳歯の頃に事故で顔を強く打ってしまったことがあれば、生え変わりの時期は要注意です。
打撲の衝撃で歯の向きが変わってしまい、うまく生え変わりが促されないことがありますので、時期が来ても生えてこないな、という場合は、一度、歯科に相談されるとよいでしょう。

投稿者 神田矯正歯科 | 記事URL

2013年7月24日 水曜日

定期的な歯並びのチェックをしましょう

歯は乳歯から永久歯に生え変わり、その段階によって、また顎の発達によって歯が動き続けます。
歯並びが気になる方はぜひ、遠慮なくご相談ください。
メールでも受付中です。

例えば永久歯が生える前の4歳くらいですと、隙間無くびっしり歯が生えていたり、ガタガタしていたり、上の顎が狭くて歯がVの字になってしまっているお子さんがいます。
そういった場合には、永久歯が生えてくるスペースが十分ではありませんので、おかしなところから生えたり、生え変わる予定の歯でないのに先に抜けてしまったり、いろいろと不都合が出てきます。

歯並びはお顔の第一印象にもつながりますし、悪いと虫歯にもなりやすいですね。
また、噛み合わせがよいと身体のバランスもよくなりますから、矯正治療を考えてみてはいかがでしょうか。

投稿者 神田矯正歯科 | 記事URL

2013年7月16日 火曜日

加古川市で歯科矯正治療をご検討なら当院へ

神田矯正歯科ではお子さんのことを第一に考え、カウンセリングを数回に分けて行いながら治療をゆっくりとスタートします。
矯正歯科はどうしても時間をかけて行うものですから、歯科医と仲良くなってほしいのです。
特に矯正を始める前のカウンセリングの際にはお父様、お母様もご一緒にいらして、どんな小さな悩み事や気になることでもご相談頂ければと思います。

歯の型をとり、デジタルレントゲンを撮って、虫歯になりやすいかの検査、歯磨き指導などを行って、徐々に心の準備ができたところで装置の型を取り、いよいよ治療を開始します。

当院は加古川市の鶴林寺の西側にあり、駐車場もあるのでお車での通院にも便利です。
最寄りの駅はJR加古川駅、山陽電鉄尾上の松駅です。

投稿者 神田矯正歯科 | 記事URL

2013年7月 8日 月曜日

加古川市駅最寄りの小児矯正をお探しなら当院へ

お子さんの歯並びが気になったら、当院に一度相談してみませんか。
お子さんの年齢や時期によっても異なりますが、歯並びがガタガタになってしまいそうだね、と健診で言われた場合などは年中さんくらいの学年で、永久歯が生え始める前に準備を始めることをお勧めしています。
もちろん、本人が望まない場合などもありますから、思い立ったときがベストタイミングです。

乳歯期に始める矯正治療を床矯正といいます。
これは、永久歯が生え始める前に歯が生えるべきスペースをあけ、顎を広げて準備をするものです。

一般的な永久歯の矯正治療よりもコスト面でもお子さんの負担の面でも少ないですから、歯並びでお困りでしたら、早いうちに一度相談にご来院いただくとよろしいかと思います。

投稿者 神田矯正歯科 | 記事URL