神田矯正歯科blog

2013年8月29日 木曜日

平日は通うのが難しい、という方もご安心ください。

平日にお仕事をされているお父さん、お母さんがお子さんを連れて病院通いをすることは、時間的に厳しいものがあると思います。
お子さんの歯並びについて気になっていることがあるけれど、なかなか歯科に行く時間が取れずそのままになっている、という方も多いのではないでしょうか。
そんな保護者の方のために、当医院は土日祝日も休まず開院しています。

歯列矯正については、長い年月がかかることもあります。
平日は難しいという場合でも、土日に通えるとなれば、無理せず治療することも可能ではないかと私たちは考えます。
お子さんが一生使う歯について、治療を始めるタイミングも実は重要な要素です。

分からないこと、心配なこと、何でも当医院にご相談ください。
保護者の方に信頼される治療を目指しております。

投稿者 神田矯正歯科 | 記事URL

2013年8月27日 火曜日

選択肢のひとつに、床矯正という方法があります。

歯列矯正の方法にはいくつかあります。
そのうちのひとつが床矯正です。
床矯正とはしょうきょうせいと読みます。
聞いたことがない、という方もおられると思いますが、この矯正方法は小さい頃にはじめることで、あごを自然に広げ、永久歯が生えてくるスペースを確保する方法です。

永久歯が生えてくる前にワイヤーであごを固定し徐々に広げていくことで、ガタガタの歯並びになることを防げる効果があります。

通常、床矯正というと、患者さまでも自由に取り外せるワイヤータイプのものが主流です。ただ、簡単に取り外しができてしまうとやはり効果は半減します。
当医院では取り外せないワイヤーを使っておりますので、キレイに歯磨きをしていただく必要がありますが、通常のタイプよりも早く効果を実感することができます。

投稿者 神田矯正歯科 | 記事URL

2013年8月21日 水曜日

あごの成長の為に、親子で楽しくトレーニングを。

矯正治療に必要なのは、歯だけではありません。
加古川市にある当医院では、あごも大切な役割と考えています。

あごの骨は、歯を支えるための土台となる部分です。
子どものあごの成長をうながすには、食事の際よく噛むことが基本です。
食べるのが遅い子でも、早く食べることより良く噛む訓練をすることが大切です。
お父さんお母さんと一緒に、毎日の食事の時に「何回噛んでからゴックンしようね」と楽しくトレーニングされると良いかもしれません。
その際、しっかりと唇を閉じて噛み、飲み込むことを注意しましょう。

そして食べるものも、なるべく硬いものを長く噛むことで、強い歯、強いあごに成長することができます。
最初のうちは、皮のついたままの果物から始めても良いです。
無理なく生活の中に取り入れることができたら一番良いと思います。

投稿者 神田矯正歯科 | 記事URL

2013年8月11日 日曜日

子どもの笑顔を大切にする加古川市の矯正歯科です。

キレイに整った歯並びは、見た目だけでなく虫歯になりにくいというメリットがあります。
余計な隙間やデコボコがない歯列なら、やはり歯磨きがしやすく食べカスがたまることが少ないからです。

また、美しく並ぶことも大事ですが、それ以上に大切なのは、患者さんの上あごと下あごの大きさなどのバランス、噛みあわせなどを直すことです。
虫歯の予防はもちろん、大人になってからの歯周病、顎関節症などのリスクを減らすことができます。

そして何より、出っ歯だから、デコボコだからと気にして、笑顔になるのにためらいを感じるお子さんにはぜひ矯正をおすすめしたいです。
治療を行うことで、お子さんが心から笑えるように私たちが少しでも力になることができれば、こんなに嬉しいことはありません。

投稿者 神田矯正歯科 | 記事URL

2013年8月 9日 金曜日

お気軽にご相談を。加古川市にある矯正歯科です。

矯正治療を行っております、加古川市の歯科医院です。

お子さんの歯が生え揃ってくると、歯並びについて心配になることもあると思います。
矯正治療は大人になってもできますが、小さい頃から矯正をすることで、より良い治療をすることができます。

子どものあごは小さいため、乳歯が隙間なく並んでいることが多いです。
その場合、乳歯よりも大きい永久歯はきれいに並ぶことができないのです。
あごの成長途中でもある子どものうちに治療を行うことで、あごを広げるなどの調整をしながら矯正を行うことができます。

お子さんの理想的な歯並びを手に入れるためには、保護者の方のご協力が不可欠です。
当医院はお父さん、お母さんの治療に関する疑問や不安を、丁寧なカウンセリングで解消していきたいと考えています。
まずはお気軽にご相談ください。

投稿者 神田矯正歯科 | 記事URL