神田矯正歯科blog

2013年8月27日 火曜日

選択肢のひとつに、床矯正という方法があります。

歯列矯正の方法にはいくつかあります。
そのうちのひとつが床矯正です。
床矯正とはしょうきょうせいと読みます。
聞いたことがない、という方もおられると思いますが、この矯正方法は小さい頃にはじめることで、あごを自然に広げ、永久歯が生えてくるスペースを確保する方法です。

永久歯が生えてくる前にワイヤーであごを固定し徐々に広げていくことで、ガタガタの歯並びになることを防げる効果があります。

通常、床矯正というと、患者さまでも自由に取り外せるワイヤータイプのものが主流です。ただ、簡単に取り外しができてしまうとやはり効果は半減します。
当医院では取り外せないワイヤーを使っておりますので、キレイに歯磨きをしていただく必要がありますが、通常のタイプよりも早く効果を実感することができます。

投稿者 神田矯正歯科