神田矯正歯科blog

2013年9月25日 水曜日

小さいうちから行う床矯正について

当院は加古川市で矯正歯科を診療しております。
幼いうちからでも始めることができる床矯正について今回はご案内いたします。

床矯正は、成長するお子様の力を活かし、ガタガタな歯並びにならないために顎を広げていく矯正になります。
ワイヤーを用いるタイプと使用しないタイプの矯正あります。

ワイヤーを使用するメリットは、取り外しが可能ではないので短期間で顎が広がる効果が見ることができます。
しかしブラッシングが難しいので保護者の方の仕上げ磨きが必須となります。

永久歯が生えてくる時期、個人差もありますが6歳までに行っていきます。
お子様の歯並びが気になる方は、まず当院にご相談ください。
メールでのカウンセリングも可能です。
お子様と保護者様にわかりやすくご説明いたします。

投稿者 神田矯正歯科