神田矯正歯科blog

2013年10月29日 火曜日

年齢に合わせた矯正と顎の訓練

小さいときから始める矯正治療に関していつから始めればよいか、できるだけ小さい時に始めるのかなど初めての方には加古川市にある当歯科が一緒に始める時期を考慮します。

もちろん年齢によって治療期間に個人差がありますが、歯科医療は協力してできるだけ期間を短く、効果のある方法を取ります。
いったい治療費はどれくらいかかるのでしょうか。
やはり状況に合わせてかかる費用も変わってきます。

例えば6歳ぐらいから歯並びが徐々に変化してきます。
生えてくる歯のスペースがなく窮屈なので後ろから生えてきましたなどのケースです。

そのほか顎を育てるために口に入れたら10回噛む訓練をします。
理想は30回といわれています。
4歳、6歳、8歳、12歳と年齢に合わせて必要な矯正を施します。

投稿者 神田矯正歯科 | 記事URL

2013年10月22日 火曜日

6歳までの歯のシュミレーション対策

加古川市の矯正歯科医院では矯正治療を早期にお薦めします。
唇顎口蓋裂、ダウン症候群など先天性疾患の方は一体どうしたらいいのでしょう。
当医院では1年から2年半装置を入れて矯正することができます。

治療の第一歩としては、歯全体を撮るデジタルレントゲンによって現状を把握します。
ある場合には6歳臼歯が前に倒れ、乳歯に引っかかる等の状況がわかることもあります。
他にも前歯が1本上を向いて生えてこないことや歯が多すぎる、又は歯が足りない等の状況によって対処も変わってくるのです。
他にも扁桃腺が大きいことによる問題も解決する必要があります。

できれば4歳になったら歯並びチェックを行い、次の6歳までにどんな変化や問題が出てくるかシュミレーションすることが大切です。

投稿者 神田矯正歯科 | 記事URL

2013年10月17日 木曜日

床矯正治療のすすめと時期

費用はどのくらい、いつ始めるのか、装置はどのようなもの等の悩み相談は加古川市の矯正歯科におまかせください。

当歯科のモットーは保護者の方と一緒に治療に取り組みたいというものです。

床矯正治療と呼ばれる方法は、最初は上の歯から装置を入れていき、十分広がるまで様子を見ます。
これには半年から一年かかります。
上を入れて3カ月から4カ月で次に下の歯に取り掛かります。
やはり半年から一年様子を見ます。
4歳ぐらいに見せるのがやはりおすすめです。

時にはレントゲンを撮って余分な歯があるか検査したい方とか、永久歯が変なところから生えてきましたと8歳ぐらいにくる方もいます。
年齢によって状況が変化しますので、時間的に間に合わないわけではありません。
60歳を過ぎて矯正治療をすることもあります。

投稿者 神田矯正歯科 | 記事URL

2013年10月11日 金曜日

兵庫県加古川市の歯科矯正。治療の流れなど

当院は兵庫県加古川市で小児矯正を専門としております。

「歯の矯正って必要なのだろうか」そんな疑問を持ったことはありませんか。
乳歯から永久歯に生え変わって、がたがたの歯並びにならないためにも、永久歯が生えてくる6歳くらいまでには準備しておきたいもので、残念ながら矯正するにはこの時期が一番いい、というのが言えないのが本音です。

当院での治療の流れをお話しましょう。
気になる費用も含めて初回はカウンセリングを行います。
その後、レントゲンなどの検査を行い、治療についてご家族のみなさまの意見も参考に治療計画を練っていきます。
使用する装置はワイヤーのものとプレートのものがあります。
お子様の歯の様子をみながら、また生活環境などご家族の方のお話もおうかがいしながら決めてまいります。

投稿者 神田矯正歯科 | 記事URL

2013年10月 8日 火曜日

兵庫県加古川市にある矯正歯科

当院は兵庫県加古川市にある矯正歯科です。
最寄駅はJR加古川駅または山陽電鉄尾上の松駅です。
駐車場もご用意しておりますのでお車でのご来院もできます。

小さなお子様がいるお父様、お母さま、お子様の歯の矯正について考えたことがありますか。
「うちの子は大丈夫だろうか」「歯の矯正っていつからした方がいいのだろう」そんなお悩みの声を聞くこともあります。
お子様の歯並びについて気になることが出てきましたら、どうぞご遠慮なく当院へご相談ください。

当院ではお家の方の気持ちに寄り添いながら治療の計画も立ててまいります。
乳歯から永久歯に生え変わる時期にかかっているお子様はもちろん、年齢に応じた歯並びのチェックポイントなどもご紹介しておりますのでお気軽にご相談ください。

投稿者 神田矯正歯科 | 記事URL