神田矯正歯科blog

2013年10月22日 火曜日

6歳までの歯のシュミレーション対策

加古川市の矯正歯科医院では矯正治療を早期にお薦めします。
唇顎口蓋裂、ダウン症候群など先天性疾患の方は一体どうしたらいいのでしょう。
当医院では1年から2年半装置を入れて矯正することができます。

治療の第一歩としては、歯全体を撮るデジタルレントゲンによって現状を把握します。
ある場合には6歳臼歯が前に倒れ、乳歯に引っかかる等の状況がわかることもあります。
他にも前歯が1本上を向いて生えてこないことや歯が多すぎる、又は歯が足りない等の状況によって対処も変わってくるのです。
他にも扁桃腺が大きいことによる問題も解決する必要があります。

できれば4歳になったら歯並びチェックを行い、次の6歳までにどんな変化や問題が出てくるかシュミレーションすることが大切です。

投稿者 神田矯正歯科