神田矯正歯科blog

2013年10月29日 火曜日

年齢に合わせた矯正と顎の訓練

小さいときから始める矯正治療に関していつから始めればよいか、できるだけ小さい時に始めるのかなど初めての方には加古川市にある当歯科が一緒に始める時期を考慮します。

もちろん年齢によって治療期間に個人差がありますが、歯科医療は協力してできるだけ期間を短く、効果のある方法を取ります。
いったい治療費はどれくらいかかるのでしょうか。
やはり状況に合わせてかかる費用も変わってきます。

例えば6歳ぐらいから歯並びが徐々に変化してきます。
生えてくる歯のスペースがなく窮屈なので後ろから生えてきましたなどのケースです。

そのほか顎を育てるために口に入れたら10回噛む訓練をします。
理想は30回といわれています。
4歳、6歳、8歳、12歳と年齢に合わせて必要な矯正を施します。

投稿者 神田矯正歯科