神田矯正歯科blog

2013年12月 4日 水曜日

乳歯の頃から床矯正治療を始める加古川市の矯正歯科

お子さまの歯並びを矯正する場合、いつから始めるのがベストなのか悩むご両親は多いことと思います。
実は、お子さまの矯正治療を始める時期というのは、とても複雑で難しく、歯科医によっても見解が分かれる部分でもあります。

当院は、お子さまおひとりおひとりのお口の中の状態や生活環境なども考え合わせた上で、永久歯が生えてくる前の4歳から5歳で始めることがベストと考えています。

何故なら、永久歯がガタガタになってから矯正をするよりも、乳歯のうちに永久歯が生えやすいように床矯正をして準備しておく方が、メリットが多いからです。

そのような乳歯の頃から始める床矯正治療に興味のある方は、まずはお気軽にご相談ください。
お父さまお母さま、そしてお子さまのお気持ちに寄り添って、最適な治療方法を一緒に考えましょう。

投稿者 神田矯正歯科