神田矯正歯科blog

2014年6月24日 火曜日

お子様のための床矯正を行っています

当院は、加古川市を拠点にお子様の歯列矯正を中心とした矯正治療を行っており、主な矯正方法として床矯正を導入しております。

お子様が小さいうちから歯列矯正を行った方がよいとされる理由は、お子様の顎が未発達であり、永久歯に生え変わる前に矯正を行うことで治療期間が短くすみ、抜歯のリスクが回避できるという点にあります。

また、歯並びがよくなることで表情にも自信がでてくることや虫歯の発症リスクが抑えられるのもポイントです。

当院では、床矯正という矯正装置を使用して治療を行いますが、一般的に床矯正の装置は着脱可能ですが、当院で導入している装置は着脱ができない仕組みとなっております。
そのため、早い場合で2ヶ月前後で効果が見られるケースが多々あります。

投稿者 神田矯正歯科